タロエ系男子

Techネタのログを残す

PC新調

PC周りを一新したので,スペックと価格を記録しておく.本体とディスプレイは2018.4.1購入.それ以降は1週間のうちに買い足し.

本体 \215,892
マウスコンピューター
i7-8700K (3.7GHz/6core)
DDR4-21300 8GBx2=16GB
M.2 PCI-e 256GB SSD + 2TB 7200rpm
GeForceGTX1080 PCI-e 8GB
Intel Z370 ATX LGA1151
700W

ディスプレイ \34,862
LG 27MP89HM-S 27inch

マウス \4,514
Logicool G402/T

キーボード \4,980
GAMDIAS Hermes E2 7COLOR 青軸

マウスパッド \2,786
iiyama UNI-DMO2-BL



その他,配信用に購入

HDMIキャプチャデバイス \21,798
AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550

コンデンサマイク \13,000くらい
AVerMedia AM310 USB Microphone

MacからWindows10にリモートデスクトップ接続したらキーボードが英語配列になる問題

アブスト

MacからWindows10のワークステーションにリモート接続したら,キーボードが英語配列になってしまった.Microsoft謹製のアプリはまだこの問題を解決できていないのでParallels Clientを使った.

原因

リモートデスクトップはRDPというプロトコルで動いていますが,これが接続時にキーボードの情報をやり取りしており,そこで「日本語キーボードである」と送ってくれないと英字配列になる.
qiita.com
App Storeで落としてこれるMicrosoft Remote Desktop (現在8.0と10.0)はどちらもUSキー情報を送信するみたいなので違うソフトに乗り換えよう.

解決策

上記ページでおすすめされているように,Parallels Clientにしたらうまくいきました.しかも無料.

気をつけること

キーボード情報はRDPセッションの開始時に送られるようなので,Microsoftのほうで一回繋げた上でクライアントだけ落とした状態なら,一度サインアウトしてからParallelsのほうをお試しください.
また,Parallelsのほうでもユーザー名・パスワードをあらかじめ入れずに立ち上げたら,同じ問題が起こりました.ユーザー名・パスワードは先にParallels側で設定しましょう.

Macbook proで内蔵サウンドデバイスが認識されなくなったときの解決法

アブスト

Macbook pro 13-inch(Touch barモデル)で内蔵サウンドデバイス(スピーカー,マイク両方)が突然認識されなくなった.SMCリセットというものを試したら直った.

経緯

使用環境は,Macbook pro 13-inch(Touch barモデル)に,外部ディスプレイでPhilipsの25インチを接続している.
このディスプレイは,USBハブ,Ethernetポート,スピーカー,USB-Cでの電力供給の機能を持っている.
キーボードとEthernetと電源給電を,ディスプレイとの接続であるUSB-C1本に相乗りさせて使っていた.
ある日,スリープ状態のままUSB-Cを抜いて持ち運んだら,復帰時に異常な時間がかかり,サウンドデバイスが認識しなくなった.
ディスプレイをつなげても,サウンドデバイスは内部・外部ともに何も認識しなくなった.

試した対策

  • 再起動
  • NVRAM(PRAM)クリア(起動時option+command+P+R)
  • Apple診断(起動時D)

正解の解決策

SMCリセット(起動時control+shift+option+電源ボタン(TouchIDボタン)10秒→電源投入)

考察

SMCリセットで直った.SMCリセットは,蓋の開閉時の制御も司っているようなので,スリープ状態でいきなりUSB-Cを抜いてしまったときにこのあたりがバグったのではないかと推測される.

作業環境の見直し・整備

先週で一仕事終わってキリがよくなったので,作業環境のメンテナンスをしています.
先延ばしにしていたMacOSのアップデートにはじまり,ドローツールGraphicの購入,メモ管理サービスwri.peのお試しなど.

また,ずっと右画面左下に常駐している(放置している)ポモドーロテクニック用のツールもまた使おうと決意.

いつか,これらを振り返れればいいなと思います.

Jupyter notebookで.py形式でも保存したい(importされる側)

アブスト

Jupyter notebookでクラスを書いて,他のノートブック(.ipynb)からimportしたかった..ipynb形式のままではインポートできないようなので,.pyを出力してインポートすることになるが,Downloadするんじゃなくて同じ階層に生成さえしてくれればよかった.Jupyterのコマンドで解決した.

ノートブックにこのセルを作っておこう

import subprocess
subprocess.run(['jupyter', 'nbconvert', '--to', 'python', 'ファイル名.ipynb'])

何をやってる?

コマンドラインで,

jupyter nbconvert --to python ファイル名.ipynb

を実行してるのと同じです.
これを,ipynb保存時に自動的に実行する方法がネットに色々落ちていますが,
毎回.pyを生成するのは遅いし必要ないと思ってセルで実装しました.

bashでファイルの文字コードを一括変更する

アブスト

Atomではutf-8で開くので,サンプルのソースコードを全部utf-8に変更したかった.
(元の文字コードは不明...)
bashのfor文でnkfを使って処理した.

スクリプト

javaソースコードのsrcフォルダに移動.〜2.javaというファイルをutf-8エンコードで出力する.

for f in *.java ; do nkf -u $f > ${f/.java/2.java} ; done

BitBarにPythonで日本語を表示させる

アブスト

BitBarはMacツールバーに色々表示できて便利なツールですが,pythonで単純に日本語をprintするとエラーが出ます.Pythonの出力エンコーディングを"PYTHONIOENCODING=UTF-8"で変えれば日本語が表示できます.

症状

#!/Users/ME/anaconda/bin/python3
print('テスト')

とやると,

'ascii' codec can't encode characters in position ~~ ordinal not in range(128)

みたいなエラーが出ます.

解決策

Pythonの出力エンコーディングは,自動で最適なものを選んでいる?というような記述もありますが,今回はうまくいっていないようです.なので,自分で出力をUTF-8と指定します.

#!/usr/bin/env PYTHONIOENCODING=UTF-8 /Users/ME/anaconda/bin/python3
print('正しい日本語出力')